ジャズサックスプレイヤー、加藤大智のウェブサイトへようこそ

daichi1.jpg

1983年1月14日、名古屋市生まれ。
5歳からピアノを始め、中学生の時にクラリネットを亀井良幸氏に師事。
高校では吹奏楽に入部し、クラリネットと指揮者を担当する。
その頃から市民バンドに入り多くのコンサートを経験する。
愛知大学入学と同時にサックスを始め、在学中よりライブ活動を開始する。
これまでにサックスを土岐英史氏、藤陵雅裕氏、岡崎正典氏に、
フルートを吉村昌十氏、磯貝俊幸氏、クラリネットを亀井良幸氏、熱田敬一氏に師事。
日本を代表するベーシスト中山英二氏のバンドに加入しツアーで全国各地を周る。
2011年中山英二氏プロデュースによりデビューアルバム「First Connection」を
2014年にはセカンドアルバム「On the Way of My Life」をリリース。
2017年に世界的ピアニスト、ピーター・マドセンを迎え3作目となる「Dont stop Go ahead」をリリース。
主な共演者:ピーター・マドセン(p)、フィリップ・ストレンジ(p)、緑川英徳(as)、
岡田勉(b)、中村新太郎(b)、田井中福司(ds)など多くのミュージシャンと共演を重ねている。
主な所属バンド:セントラルジャズオーケストラ、Unit7







onlinetop.jpg